本文へスキップ

見て、読んで、聞いて、楽しい音楽情報サイト

電話でのお問い合わせはTEL.0798-72-7030

楽々ページ   COMFORTABLY PAGE

岡 晢子のDiary Shot
 岡 晢子 プロフィール
   東京生まれ。自由学園を経て、桐朋学園音楽科卒
  大阪フィルハーモニー交響楽団入団
 1980年 リラックスコンサート協会主宰
年4回、甲子園会館(ライト式建築)でサロンコンサートを企画
 2013年  133回をもって閉会                         


 5月28日(木)
姿を見せないヤツ
地震、台風、自然火災、等々
災害にはいろんな形がある。でもでも、コロナは
姿を見せない・・・目に見えない卑怯なヤツめ!
被害も、身近にはTVで見る悲惨な病院現場を見て
大変!大変!と思いつつ、何もできない。
出来ることと言えば「おうちにいようよ」だけ。

人間の細胞にくっついて生きる?
なんちゅうヤツだ!・・・・世界中に広げて
なんちゅうヤツだ!・・・怒り心頭。


これは、お寺の屋根、
姿を見せないウイルスだけに、
東京オリンピックのエンブレムだったり
お寺の屋根だったり どんな形のヤツか、
勝手な想像をしてしまう・・・でも

きっと、きっと、また、
密な関係の人間社会に戻れるよね?
「3蜜」なんてあまりにも悲しい。
 
   
 2月22日(金)
社会が変わる?
・・その4・・
緊急事態近畿解除ということに
とりあえずは、喜んで!散歩へ。

誰もいない大池で、よく見ると、水連が満開。
いいねぇ、水連たち、群れて咲いて。

人間界は、まだまだ群れること出来ないんだよ〜
やはり、社会は多方面で、変わっていくのでは?

緊急事態解除で、
喜び半分、不安半分。

その理由は、特効薬も、ワクチンも
まだ決定的なものがないことでしょう。

マスクで顔を隠し、2メートルの間隔をあけて
大声を出すな、歌うな、んなて出来ないよ〜

美しい水連の花を見て、うらやむようでは
人間、性格まで変わりそうだ。

 
   
 5月20日(水)
社会が変わる?
・・その3・・
3か月間の新型コロナ騒ぎがウソだったような
一点の雲もない朝を迎えた。

そして、収束も見えてきた朝。
「おうちにいようよ」の呼びかけで覚えたこと。


3日に一度しか行かない食料の買い出し。
やはり、冷蔵庫の中の残り物で、何を作るか?
私の我流で、ちょっと古くなった果物整理は
蜂蜜煮の、リンゴ、ブドウ、キウイのジャムもどき。

これで、酸っぱいモノ嫌いな私も、
プレーンヨーグルトにかけて、
食べれるようになった。 やってみて・・・・

 
   
 5月18日(月)
社会が変わる?
・・その2・・
テレワークになれば、通勤ラッシュもなくなる?
学校に行きたくなければ、オンライン授業で?
お盆、暮れも、おじいちゃん、おばあちゃんには
テレビ電話で、PC上でご挨拶?
従って・・・高速道路の渋滞もなくなる?
まるで、想像のつかない雲の中の悪夢みたい。

人間は、どこへ行くんだろう?
と・・コロナは何かを問いかけているような??
 
   
 5月17日(日)
社会が変わる?
・・その1・・
とりあえず、コロナ第1波は、治まりつつある?
でも、吉村知事の言うように、
コロナとは共存していく覚悟を持つべきかも。

コロナをきっかけに、この21世紀社会、
大きく変わるのではないか?
アジア人は団体で、群れる・・といわれる
欧米人からの悪評も変わるのでは?
個々に自立する気配を感ずる今日この頃。


朝の散歩も、独りか、夫婦単位。
マスクの下で表情がわからない分、
深々とお辞儀をして無言で通り過ぎる。
ベチャクチャおしゃべりがなくなった。
 
   
 5月13日(水)
やさしいね〜
朝の散歩、またまた発見!優しいお心づかい
コロナ、コロナ、で心が折れているとき
こんな、お宅のやさしさ、
「のきのこスズメめまで・・」ほっとします。


「ボクも・・行こうかなぁ〜」

まよわず、仲間入りしなさ〜い・・・・ガンバレ
 
   
 5月10日(日)
包?含層って?何?
朝の散歩で見つけた、こんな立札。
西宮市の満池谷層という植物群の化石らしいです。

なんと、この現在、温暖な地に、かつては
イラモミ、シラカバ、チョウセンマツ、エゾイタヤ
など、すべて、高山、山地、サハリンなどに
生息している樹木の化石です。
そんな昔から、温暖化は始まっていたということの
証でしょうか?
 
   
 5月8日(金)
我慢も限界
魔のゴールデンウイークの終わった夕べ
一刷毛の雲もない晴天の夕暮れ

対岸の景色まで見える、こんな夜はきっと
夜景がきれいなはず。

空を見上げると、満月。
あぁこれで、コロナの感染もピークを過ぎるだろう。

もう、みんな我慢の限界かも。祈るような気もちで
空を見上げているんでしょう

 
   
 5月7日(木)
どうすれば?
3蜜、不要不急、外出自粛、営業できなくなった
飲食店の苦肉の策がテイクアウト。
お弁当大好き、食いしんぼにはありがたいサービス。

今日は贅沢に・・・980円弁当
でも、ちょっと心配。
きっと、みんなが利用するとプラごみが増えますね〜
この際、しょうがないかぁ〜とも思うけど
もう一工夫・・・・お弁当箱持参、
入れてもらうっての・・・ダメかなぁ〜

手間暇、予約が大変かぁ〜
コロナが収束した後は、ごみ問題に
日本は取り組まなきゃね
 
   
 5月4日(月)
元気な犬たち
誰も乗っていない阪急電車

その下の河原は、犬ともで元気!元気!


犬たちのおかげで、この危機を乗り越えられる
と、言うものです。ワンちゃんありがとうよ!
 
   
 5月1日(金)
2月から、今日まで
いつの間にかこんな季節に・・・

同じ場所を、毎日散歩していて、
2月から、すでにこんな季節に変わっていること
改めて、収束しないコロナウイルスの手ごわさに
脅威を抱いてしまいます。

表に出てきた、陽性感染者の数は、氷山の一角である
この、ウイルスは人から人への感染しかしない
だから、みんなで「外出自粛を」という
山中教授の説得力ある呼びかけに、がまん、がまん、
朝夕の一人散歩で、がまん、がまん、

10000歩、歩いた先は
甑岩神社でした。

 
   
 4月29日(水)
にぎやかな巣たち?
朝、散歩に出ると池が騒々しいんです。
ギャーググ・・グァー・・何事か?

どうやら巣立ちの準備らしいんです。
もう、どれが親か、雛か、わかりませんね。




うわぁ〜なんだかうれしくなりますね〜
がんばれよ〜ほら・・しっかり羽ばたいて・・
人間界も頑張らなくちゃ・・

また、来年戻っておいでよ〜と 励まされました。、 
   
 4月28日(火)
手作りマスク
名人ぞくぞく
手作りマスク名人が、ぞくぞく出てきて
プロ級の品質、高級品になっていますよ。

型紙や、作り方まで、ネットでみつけて、
このとうり、おしゃれでしょ?

さっそく、このマスクをつけて・・・・と
お花の香りを・・・あっ!
コロンでなく、コロナ対策だった。

アベノマスクが届く前に、
みんな手作りマスク名人になっちゃうよ〜
   
 4月25日(土)
みんな、
大丈夫ですか?
友達からこんなラインが来ました。

フランスの精神科医
 長引く外出禁止の結果
 壁や植物に向かってしゃべる行為は正常であり
 相談にくることではありません。
 そのかわり壁や植物が返事をしだしたら
 すぐ連絡してください。

私、散歩のとき、足元の花たちに声をかけます。
  (まだ大丈夫)
     
満開のツルバラに向かって「今年もありがとう!」
(まだ大丈夫)
すると・・・「私も咲いてるよ!」

と・・声が聞こえました。振り向くと
つつじが満開で・・・・
(私、やばいかも)
 
 
   
 4月22日(水)
皮肉にも・・・
この眺め!
コロナウイルス現象が、世界を覆って
4か月ほど。収束は見えてきません。
皮肉にも人の動き、工場がストップ。
CO2が極度に減って
屋上からの眺めは、このとおり。

うぉ〜・・・海が青い! 大阪湾が見える!
喜んでよいのか、嘆くべきか?
考え直すべきだ。
 
   
4月19日(日)
コロナウイルスから
手紙が・・・・・
 
「コロナウイルスから人類への手紙」
             ヴィヴィアン・リーチ著
地球はささやきました。  
     しかしあなたは耳をかさなかった
地球は話しました。
     でも、あなたは聞かなかった。
地球は叫びました。
     でも、あなたは耳をふさいだ。
そして、私は生まれました。
     あなたの目を覚ますために。
   
 
大洪水、燃え盛る火事、猛烈なハリケーン
おそろしい竜巻、汚染した海に生き物が死んでいく
警鐘を鳴らして、氷山は解けていく、厳しい干ばつ
地球がどれほど悲観的な、危機にさらされても
あなたは、聞こうとしなかった。

地球があなたに話そうとしていることを、
心配するより
最新の,iphoneを持つことの方が大切だった。
      でも、今、私はここにいます。
    
ついに、あなたに耳を傾けさせました。
  今、あなたは地球のようになっています。
汚染された地球の空気、
  私はあなたに呼吸への課題を与えました。
地球が毎日弱っていくように、私はあなたに
  弱さを与えました。
あなたが忘れていた、地球のその痛み。
   自分の人生で大切なものは何かを
考える時間を与えられました。

    どうか、地球の声を聴いてください。
    地球を汚さないでください。
   物質的なことに気を取られないでください。
地球とその生き物たちを、大切にしてください。

       コロナウイルスより

   
 4月18日(土)
みんなの注目
外出もままならない、自粛ムードになると
同じ町の人たちの散歩コースも興味も決まってくる。
やっぱり、アオサギ・ファミリーの巣立ちを
みんな見守っていたんですね〜
友人が最近情報の写真を送ってくれました。

あれ、? こんなにたくさんひなが・・・

不要不急?外出自粛なの?
羽があるんだから、飛んでいいんだよ・・・

平和な、穏やかなアオサギ家族に
みんな羨望のまなざしで、見入っています。
 
   
 4月16日(木)
飲食店、ピンチ!
私のお気に入り、行きつけのお店が、窮地に!
新型コロナの「緊急宣言」で、自営業はほんと大変。
阪急苦楽園口を降りて左を見るとすぐわかる
歩いて10秒という近さの「狸ごてん」
この非常事態を乗り切るために
テイクアウトを始めています。

私が気に入っている理由は、この店のメニュー。
日本人にとってうれしい、和洋折衷の
創作料理なんです。メニューの一例
その他もろもろあり。
5:00pm~8:00pm まで。
注文は Tel 0798-75-0085
人手がありませんから、
何時ごろ取りに行く・・という形でお願いします。

味は、絶対保証します。応援しているんです。
 
   
 4月15日(水)
朝の散歩で疑問
6時半に散歩に出ました。私の出来るコロナ対策は
運動と食べることかな?と思って雨でない限り毎朝。
6時半ですよ・・・なんと、
駅に向かうマスク姿の通勤者に続々すれ違いました。
「テレワークって、企業の一部だけなんだね?」

帰ってきて、テレビをつけると、
オンライン診療についての番組。
「オンライン診療?」
こんな診療システム、高齢者ができるんだろうか?

あわてて、自分のスマホを見る。
わからない。
健康診断というアプリを見つけたから開けてみる。
なんと、スマホの健康診断だった。

私の健康診断は・・・・・?どないするねん?
 
   
 4月14日(火)
アイlディア次第
コロナ騒ぎが始まって4か月になるんですね。
ますます、感染の深刻化、医療現場が崩壊寸前と
なると、次はわが身かもと考えざるを得ないし、
引きこもりの毎日は仕方ないです。

でもでも・・アイディア次第で楽しめますよ。
先ず手づくりマスク。
(安倍さん!もうマスクいりませんよ、税金は
他に回してください)
免疫力をつけるには、まず食べること。

カニカマとブロッコリーのマヨネーズ和えに
黒にんにくを乗せてトースト、の朝食。

昼食は、豪華に!え〜い!この際、ビールもつけて。
貝柱の炊き込みご飯、冷ややっこの上にノリの佃煮。
餃子を野菜サラダの上に乗せ、煮豆も添えて・・・

夜は、野菜と鶏肉の煮物と・・・もちろん白ワイン。

甘党ではない私は、お菓子の買い置きがない。
冷蔵庫の隅から、チョコレートの残りを見つけ出し
湯煎でとかして、干からびたマシュマロで
チョコレートフォンデューのデザート。
これで、 免疫力バッチリ。
3日に一度の買い物で、残り物整理ができます。
 
   
 4月11日(土)
明るいニュース
お届け・・・
 朝の散歩でとっておき、明るい情景お届けします。
数日前から、気になっていた池の真ん中の怪しげな
枯れ枝の上。

今日は、望遠レンズを持ってたしかめに。

夫婦のゴイサギ?アオサギかな?

うぉ! ひながいます。

かつては噴水が吹き上げていたはずの上に
誰が、ごみを積み上げたのか、と怒っていました
なんと、サギの巣作りだったんですね〜
巣立ちはいつかなぁ〜  がんばれよ〜
   
4月8日(水)
美しい季節が・・ 
コロナ、コロナ・・緊急事態宣言?自粛、自粛?

散歩は、ありでしょ?
外を見てください、新緑ですよ〜

人間界の大騒動をよそに、自然は裏切ることなく
新緑で〜す!希望いっぱい、緑で〜す。
しかし、
医療現場の、医師や看護師皆さんのすさまじい
緊迫した働きを目の当たりにすると、
贅沢は言えません。

だ〜れもいない児童公園も、不要不急・・・
しかたないかぁ〜 もうちょっと、もうちょっと
我慢の新緑季節。
 
   
 4月1日(水)
かわいいプレゼント
この時期、こんなかわいいプレゼントを!

手作りマスクのプレゼント。
何より、気持ちがうれしいマスクです。
明日は、これをつけて、買い物に出てみようっと!
感謝、感謝のマスクです。
 
   
 3月31日(火)
希望の桜
日本人にとっては、桜は希望の象徴かも・・・・
新学期が始まる、新生活が始まる、社会人になる
どんなに、暗いニュースの今年も
来ましたよ・・・・桜満開!


ここ、夙川の桜も、ついに、希望が・・・
しかし、今年は人がいません。


この夙川の桜は、実は老木が多い。
桜の寿命は、ほぼ人間と一緒、100年は長寿かも。
それだけ歴史のある桜の名所ということ。
でもね、よく見ると、老木の苔むした幹から
花がついているんです。
がんばろ〜って、思うでしょ?
 
   
 3月26日(木)
ついに延期?
 
ワンちゃんまで、2メートル離れて散歩?
誰、見てんの?

オリンピックの延期は、ごく当たり前の現況かな?
個人的には、1964年の希望に満ちた時代の
東京オリンピックを知っているだけに
今回は、はじめから何か、目的が純粋ではなかった
気がする。
どこの国も経済成長欲が優先していたような・・・

気の毒なのは選手たちですね〜
ゆっくり腰を据えて、1年間がんばれ〜と
桜を見ながら応援しています。


   
 3月24日(火)
 三寒四温
免疫力アップのために、毎朝散歩。
正直、時間つぶしはそれしかない

コロナウイルスでここまで制限されては ・・・

桜咲いたかな?夙川の桜名所・・・でも

花…どれやねん・・・どこやねん?

まだまだ、阪神間は三寒四温、花見は先で〜す。

   
 3月23日
(月)
まだまだ、咲かない
桜前線って、かつては南から上がってきていた気がする。
でも、ここ数年、 桜の満開は、東京が一番です。
ここ、阪神間の桜情報・・・こんなです。


   
3月19日(木)
今日の新聞から 
ドキッ!
過去最悪と言われるオーストラリアの森林火災・・・について。
もちろん、気候変動の影響でしょう。 
気候危機は世界で取り組まなければならない問題・・・
それが、石炭火力発電事業への融資、発電所の建設を継続している
アジア諸国。もちろん日本が一番。

森林に恵まれている日本で、もし森林に火災が起きたら・・
と考えると、ぞ〜っとします。

時代遅れで、そのうち価値がなくなる、石炭火力発電に
資金提供をする日本に、まったく理解できない・・・とまで
海外から批判を受けているのに・・・・なぜ?

日本の四季の美しさ、守りたいです。温暖化、気候変動、自然災害
にもっと積極的努力がいるのかも・・・
でも、
私の出来ることって、レジ袋をもらわないこと・・ぐらいしかない。
家は、オール電化だし・・・寒いのも、熱いのも嫌だし。
何をどうすればよいのか、教えてぇ〜
   
3月16日(月)
わが身も深刻・・ 
過剰な報道だと、たかをくくっていた、コロナウイルスが
今や、世界に広がって、刻々と深刻になってきました。
わが身も、高齢者・・・
他人ごとではなくなって、神経過敏になっています。

こんな時、自然豊かな、我が町の夙川公園を散歩するしかない。
明日は、我が身か・・・・・

ここで、思うこと。
目に見えない「菌」解明されていない「菌」におびえる前に
原点に戻って、自然児になってみようよ!
人混みに出るな? それなら、引きこもる
その前に、朝早く、散歩してみようよ・・・・・・と言いたい老婆心。
 
   
 3月13日(金)
・・・宣言?
「パンデミック」宣言って?・・・なんやねん? 
私は、春宣言!

足元には、ムスカリが・・・春宣言

公園にはユキヤナギが・・・春宣言

上を見上げれば、さくら?

庭には、スイセンが・・・春宣言

マンションの通路は、コブシが、満開・・宣言。
ぱ〜っと、明るく・・・いこうぜ〜
   
 3月11日
(水)
あの日・・・
9年前のあの日、私が 東日本大震災を知ったのは、旅行中の
シリアのアレッポのホテルでだった。
わからない、読めない、テレビの画面に、FUKUSIMA、だけが
目からも耳からも解って「えっ!日本で!大地震?原発?」と
呆然としたのを覚えている。

外国人にとっては、大津波で何が起きたか、
それは「原発」が一番だったのだろう。
FUKUSIMA ,FUKUSIMA と、ホテルの大型テレビから流れる
アラビアなまりの言葉が、印象的に耳に残っている。
あれから・・・・9年。つらい、9年間のFUKUSIMAだったことは
想像を絶する。

その、福島に、私は子供の時から縁があった。
夏休みは郡山の親戚の家へ、学生の頃は遠足で猪苗代湖へ
音大のオーケストラ合宿では裏磐梯へ・・・・と。

今年は、必ず福島を尋ねてみようと思う。
   
 3月9日(月)
まぶしい青空
 ひと刷毛の雲もない、真っ青な空! わ〜い!

耳を澄ますと、近くの藪から、ウグイスが、歌の練習。
ケキョ・・・ホ・・ホ・・キュ・・ケキョ・・
ウグイスの、テーマソングまでは・・・

「まだまだ、練習足りないよ〜・・がんばれ〜!
でも、春の知らせ・・ありがとうね〜」

こぶしの花も、そろそろ満開。
きっと、コロナウルスも、春風に吹き飛ばされていくよ。
きっと、きっと、マスクいらなくなるよ。
   
 3月2日(月)  コロナ、コロナで、混雑を避ける高齢者が、
朝の散歩を楽しんでいます。
こんなところで・・・・

知らないマスクのご老人に
「えらいことになりましたな〜お元気でっか」
「空気の良いところに限りまっせ」と
思わぬ、つながりができました。
夕方はまた、こんなところで、


「お互い、また明日あいまひょ」
と、親しそうな笑顔が・・・・コロナ騒ぎにも
新たな楽しみができましたよ。
   
 2月29日(土)  コロナ、騒ぎで出かけられない・・・・
こんな時は、我が家で、ギョーザパーティー

みんなで、作りながら焼きながらしゃべりながら・・
・・ってことは、人が集まってるってことじゃん?
いいじゃん・・いいじゃん・・
楽しいひと時。
   
2月28日
(金)
 散歩中にみつけた面白い顔発見
   
2月20日 
(木)
あれ?


梅にウグイス・・・と思ったら
梅にメジロ・・・です。
声はウグイスとは、いまいちだけど、かわいい〜!


   
2月18日 
(火)
もう、
いややぁ




 TVのどのチャンネルを回しても、
新聞紙上のどの紙面も、
コロナ、コロナ、コロナ、なんやねん〜この騒ぎ!
ほんまは、コロナって、プラズマ、クラウン、光のこと
冠・・・・ってなことなんやてぇ。DSCN9932 (2).jpg



確かに、光は、世界を照らす、どこまでも広がる、
神々しい光の血漿・・・・プラズマ
だからといって、ウィルスにコロナなんて、誰がつけた?

まだまだ広がる、光のように早い伝染力、コロナウィルス
そんなわけで、人混みに出るな、というから
モンモンと、光の広がりを眺めています。
   
2月15日 
(土)
こんな野菜
知ってた?



 ザーサイ、ターサイ、アーサイ、
ザーサイは、中国の漬物
ターサイは、地面を這うようにひらく花みたいな緑
でも、アーサイって? 知らなかった。


高菜科の新芽らしいです。
食べたことのないモノ、口にするの大好きな私。
ベーコンとの相性が良いと知って、
ベーコン巻きに。
コツは、生のまま使う。フライパンで焼くと
ベーコンからの油で充分、味も、シャキシャキ感も抜群!
春の味・・・・第1号でした。お薦め・・・
   
 2月11日 
(火)
今後増えるかも・・感染症
ほんとに、ほんとに、人騒がせなコロナウィルス感染。
世界の経済まで揺るがすこの細菌。。
でも、でも、中国だけの問題ではないかも・・・
もしかして、地球温暖化は、病も、虫も、変化して
ぞくぞく、増えるという。デボラ出血熱、マラリア、
いずれも、温かな国、暑さのせいか?不衛生のせいか? 


これ、我が家5階のマンションからとった冬の雲。
夏空みたいです。2月に10度あるんですよ。
雪なんて・・・忘れてしまいそうです。


これも、2月の夕日。気象の勉強したことはないけど
美しすぎて、「今、本当に冬かな?」って。


ようやく、数日前、「オ、オ、オ、雪雲かな?」と
思いきや、雨一つ降りませんでした。
少し、寒さを感じただけ・・・・
コロナウィルスより深刻は、温暖化なのでは?
あの、豪華船の中も、温かそうだ・・・・・
   
  2月4日 (水)
こんなものまで
 一向に収まらない、コロナウィルス感染。
人混みは異常な風景ですね〜マスク、マスク、マスク、
こんなものまで、出回ってるんですね。


ウイールス対策になるのかどうか?
マスクの外側から、さっとひと吹き。


確かにさわやかな香りがして、うっとおしいマスクに
気分転換にはなります。
ただし、医学的効力があるのかどうか・・・し〜らない
   
  1月31日 (金)
世界中
  右往左往
 新型コロナウィールスの感染が広がって世界中が右往左往。
発症が、コウモリやハクビシンを食べる中国から
来てるって、本当?・・・としたら、
なにも、野生動物を食べなくても・・・と・・怒る。


予定が狂ってしまったのは、私も同じ。
でも人混みをさけ、自然の中を歩くのも、この際良いかも


人のいない、大谷記念美術館へ。
静かな日本庭園をみながら、大正、昭和に活躍した
兵庫県出身、「山下摩起をめぐる画家たち」展を見る。


日本画が主流の時代に、画壇の制約とは無縁に
洋画の技法を積極的に取り入れた「日本画」に
心を奪われました。

世間の喧騒を忘れる、優雅なひと時を過ごせます。
2月11日まで。お薦め、美術展です。
西宮市大谷記念美術館。0798-33-0164
   
  1月28日
 (火)
君・・だ〜れ
 チーバ君 CHI-BA KUN・・・君だーれ?


千葉県の格好しているんだよ〜
・・・まっすぐ、こっち向いてよ〜・・・

あんよ、のところが館山・・お耳のところが銚子だよ。
昨年、大水害にあったのが、腕の付け根当たり、飯田市。


お菓子になって売られているんだよ・・・サブレ
千葉に来たら、お土産に買ってね・・・

・・・・でも、どして、お店、自由が丘なの?東京じゃん
・・・・製造は川崎市って書いてあるけど?

みんな、去年の水害に協力してくれているんじゃない?
し〜らない・・・・よろしくね。チーバ君だよ。
   
 1月25日
 (土)
  影
 夕日に照らされた、物思いにふける猫の影。




・・・・きれいですね〜・・・
   
 1月21日
 (火)
あれから?
 あれから? 阪神間に住む者にとって、「あれから・・」と言ったら
25年前の大震災のことです。あの大地震から・・・
KIMG02161.jpg

怖かった、もう、ほんとに怖かった。


阪神高速道路が落ちたところ。
バスが引っ掛かっているんです。写真では実感ないけど。



自然災害と一口に言うけれど、大地震以外
大型台風も、超広大水害も、いまだ燃えている火事も
これは、人為的災害ですよね。
温暖化が招いたとすれば、これは、人間の仕業だ。

みんな、国際環境会議、いかれなくても参加しなきゃね。
何をどうすればよいのか、わからないけれど
私、心から参加しています。
   
  1月16日
 (木)
朝焼けの空に
 お・・お・・お・・朝焼けの空に、ウサギさんが!


ちょっと待てよ! あれは・・工場の煙?


お・・お・・お・・ネズミになったゾ!


逃げろ!逃げろ!・・・まだ、生まれてくるよ、逃げろ。

これは、何の工場から出る煙か?二酸化炭素か?
   
 1月14日
 (火)
便利、便利
  牡蠣(かき)のシーズン
からのままの牡蠣を食べるのは、なんたって、美味、美味
だけど、炭焼き? 炭なし、ガスなし、オール電化の
現代で、どうすればよいかって?


お皿に盛って、電子レンジでチ〜ンするだけ。便利便利。
目安はね・・・1個、600Wで1分。数分だけ・・
出来上がったら、レモンをかけて、
殻にたまったスープも、飲むの、
ほくほくぷりぷりの、牡蠣をツルって食べる。
こんな時は、白ワインでね・・・・
   
 2020年
1月11日
 (土)
  静寂
 ようやく、お正月のお祭り騒ぎが終わって
静寂を取り戻した朝の 名次神社まで散歩に。


石灯篭の窓から、誰もいないな?とのぞいてから
境内へ。


波乱万丈の2020年、正月でしたね。
中東と米・・・大国の「戦禍」

今年はさらに、騒がしくなりそうな気配。
オリンピックの喧騒は、地方までは伝わりません。
この、静寂が長く続くように・・・・
   
  2020
1月5日(日)
 広島へ
 10数年ぶりに、広島へやってきました。
その後、平和公園は、本当に平和なのかな?と
「原爆ドーム前」で市電を降りて・・(路面電車)
市電があるのが、珍しくなりましたね〜


もちろん、多少の修復はあっても、ドームはそのまま。


この大木も、原爆を経験している唯一残った木。
あの、すごく焼け焦げた木が、みごと生きが返って、
立派に・・・


「平和公園」は、美しい緑の公園になっています。
たしかに、原爆記念館も、平和に見えるた。
平和に見えてよいのかな?
これで、核廃絶に繋がるのかな?
沢山の観光客で賑わっている、広島でした。
 2020
1月4日
(土)
私の、恒例
お正月の
過ごし方
 2020年もまた、恒例の因島でお正月を過ごしました。
何が楽しみかといって・・・第1は、
都会の雑踏からのがれて、静かに過ごすこと。
そして、第2は、島ならではの、特別料理。









お正月は絶対、日本酒。地酒を注文。
どんなところかというと、


歴史を紡ぐ、ヴァーリズ建築の、白滝山荘。
最上のおもてなしで、静けさと、古き良き不便さを
楽しみたい方には、ぜひ、お勧めです。
夜は、ほとんど音のない世界。
   
   2020年
明けましておめでとうございます。
   

   
  12月31日
 (火)
災害の地球
 2019年は今日で終わり。
本当に、本当に、災害ばかりで終わった気がする、一年。
「文明が災害を起こす」と、
哲学者、梅原猛が語っていってたのはかなり以前。
でも、そのとうりと・・実感の1年だったなぁ



・・・今朝7時半頃、散歩中の写真です。
日の出が美しい大晦日の朝です。

文明が発展すればするほど、森林も、田畑もなくなって
川の流れが変わって、動植物も激減する。
人間の欲の果てが、地球を破壊する・・・・・なんて
考えるのやめよ・・・っと。

どうぞ、よいお年を! 
   
 12月28日
 (日)
 仕事納め
 お正月を祝う習慣のある国では、昨日が御用納めかも。
という私も、ヤレヤレ・・2019年もおわったなぁ〜
一息ついた昨夜は


シャブリで、しみじみ1年を振り返る。
なんと、なんと、さんざんな1年だったなぁ〜
・・・日本も・・・世界も・・・そして自分も・・
と、一人しんみり。



生そばを、多めのオリーブオイルと、
一口のF・バターを加えて、
中火でゆっくり炒める。白っぽく色が変わったら
キッチンペーパーに乗せて、あら熱を取る。
10分もすると、パリパリに。



棒鱈の韓国風煮物・・・・これが、仕事納めの夕食。
反省の、一年間を振りかえりつつ。

今朝は、すばらしい朝日を見た。



どうぞ、穏やかに、穏やかに、心穏やかに。
「自分だけ、自国だけ、お金だけ」の
世の中になりませんように・・・・・・
   
  12月24日
  (火)
クリスマス
  子供の世界は、メリークリスマス!


女性のサンタさんが現れたり・・・・・
美しい、イルミネーションのお店だったり


コンサートのステージには、豪華な生け花だったり


しかし、しかし、トランプ氏の受けるプレゼントは
厳しい、弾劾ですね〜


北朝鮮からのプレゼントだけではないみたい、
国内の支持者からのプレゼントは、さぁ〜大変!
   
 12月14日
 (土)
腰痛解決かな
 かなり昔から、腰痛持ちの私が、年と共に
ぎっくり腰症状が増えてきた・・・それで、
朝夕の散歩を、始めて、ほぼ半年。


朝日を見ると、歩き始めます。この季節、7時過ぎ。
すべり症的腰痛は、かなりなくなった。
もっと最高の喜びは、「歩く」という楽しみ。


コースも、毎日、変えます。逆の景色を見るのも
新たな美しさを発見でき、
足下に、冬でもこんな花畑があったなんて。感激!


そうだ・・・私は動物だったんだ。
動ける間は、動かなきゃ・・・・
みなさん、お勧めですよ、朝の散歩。
必ず、スマホでも万歩計でも持って、
歩数を計ると、さらに達成感有りですよ。
   
 12月12日
 (木)
南海トラフ?
 あと30年の間に、70%の確率で、南海トラフが動く?
大地震が起きると言うこと・・・?
TVでも、紙上でも、報道されている。しかも、7〜9の
大地震だって・・・それなのに。
のど元過ぎれば何とやら・・・で、


阪神大震災を経験している私が、バカですね〜また、
高い本棚の上に鉢植えを置いてる。
絶対、震度7だったら落ちてくるよ・・・


CDの棚の上にも、写真。震度5でも
これ!・・・落ちてくるよ・・・絶対!

それでいて、先日のNHK仮説ドラマを見て、
非難の荷物だけを、枕元に用意しました。
リュックサックの中に、水と、カロリーメート、
当座の着替えと、カイロ、マフラー、靴など。

でも、でも、先ずは、部屋の中の安全な片付けが先。
・・・と思いつつ、来るか来ないか解らない地震対策
なかなか、出来ないモンですね〜
   
 12月7日
  (土)
  環境は?
 環境は? 今期、一番自然災害の被害が大きかった国は
世界で、日本が1番だったそうです。
そしてまた、世界で一番石炭による炭酸ガスを
出しているのも、日本が一番だとか。

自然災害のわりに、ヨーロッパの人から見ると、
地球温暖化、自然環境問題に、
無関心な国民だと、いわれます。


確かに、旬の食べ物にうるさい日本人が、
サンマだ、ウナギだ、と求めるわりに、温暖化対策には
無責任になっているような、気がします。


種々の開発をする前に、本気で、
温暖化対策かんがえるべきだ・・・・と
政府に言いたい。京都議定書を1997年に
出した国なのに、たった、20年の間にこの災害。


秋の美しい「赤」をみながら、大規模政策をだしてくれ!
「桜を見る会」? なんてしてないで・・・・・と
愚痴っています。
   
 12月5日
 (木)
コンサートの
お勧め
 新進芸術家、美人3人、コンサートのお勧めです。
年末の雑踏から、ちょっと、一息、
さわやかな、フルートの音色で、やすらぎを得ませんか?


場所は:兵庫県民会館「けんみんホール」
三宮から地下鉄「県庁前駅」下車 東1・2 出口
が一番便利。徒歩1分。または、
JR、阪神「元町」駅より、北へ 少し歩くけど・・・
attachment00_1.jpg

12月20日(金) 7:00pm  開演。
美しい音楽を聴いて、神戸の夜景を見ながら
金曜日の夜をすごすのも、いいかも、いいかも。
ぜひ、お勧めのコンサートで〜す。
お問い合わせは:078-321-2002へ。
   
 11月28日
 (木)
新たな発見!
 化石植物と言われるメタセコイア(ヒノキ科)は
秋には紅葉し、落葉する珍しい針葉樹。
化石植物と言われるのは、古代から生息して
いたのでしょう。我が家の近所の池、遠くに赤く見える
あの並木・・です。

近づいてみると・・・・あれ?

根元に、変な形の突起物・・・岩ではありません。
なんと、メタセコイアの根っこです。

どうして、こんな形で地上に隆起しているのか?
やっぱり、化石植物・・・変なヤツ。
ネットで検索しても、これについて書かれていない。
・・・とすると、この池の土地が気に入らないのかな?

・・・朝の散歩では、新たな発見がいろいろあるよ!
   
   11月26日
 (火)
えっ?
ティファニー
 今日の新聞・・・ティファニーを買収?
フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンが?

あぁ〜あの憧れ「ティファニーで朝食を」の映画。
オードリー・ヘップバーンのオレンジ色のコート。
超高級の・・
ニューヨーク5番街の「ティファニー宝石店」
KIMG0024.jpg

もちろん、私なんか店内に入れるわけがなく・・・
前を通って、憧れだけを、買った・・・っけ。

阪神大震災の後、お友達が、お見舞いに
ワイングラスをくれた。これが何とティファニーだった。
大切に、大切に、飾ってある。
   
 11月22日
 (金)
 舞台芸術
 芸術の秋ともなると、コンサート、美術展、と行きまくる
けれど、日本の舞台芸術には、一寸引いてしまう現代人。
この日は、大好評と言うから、狂言を見に。


人間国宝、野村万作を筆頭に、極上の日本の「笑い」
(よしもととは、ちょっと、品格が違いまっせ)

狭い舞台で、日常の笑いを演ずるのは、見る者にも
想像力をあたえられる、なかなか深みのある「笑い」です

今年は終わりましたが、来年、ぜひお勧めの、
日本の古典、舞台芸術です。
超満員でしたが、お年寄りばかり。でもね・・・・
若い人達に、ぜひ見て欲しい「笑い」でした。
   
 11月20日
 (水)
深まる秋が・
 白壁に、ツタの真っ赤な葉が、秋を描いています。


急激に冷え込んで、阪神間ももうすぐ冬・・・


今年を嫌でも振り返ると、
なんといろんな事件、自然災害、事故、政治不安、
不正問題、国際情勢不安、
などなど、暗いニュースが多かったことか・・

東京からほんの少し離れた地方にいると
退位、即位、パレード、オリンピックも
盛り上がりと言うより、不安要素ばかりが見えてくるのは
なぜだろう?  

   
 11月15日
 (金)
漸く秋が・・
 急激に気温が下がって、秋が深まりました。

一年で一番美しい時期だと、私が言うと
みんな反対します。
春が一番だとか、秋の美しさは淋しいとか・・・

水に映る秋・・・・最高!

こんな、やさしい秋、大好き!
   
 11月11日
 (月)
日本の美意識
 現在では、戸建てもマンションでも、日本古来の
美意識はなくなってしまいました。そのかわり
欧米と余り変わらない、住みやすさを優先した
美しさはありますね〜・・・我家も同じくです。

山本清記念財団(国登録有形文化財)で、かつての
日本家屋の美を、思い出してみてはいかかでしょう。

応接室も、洋風を取り入れているようで
日本の美が、感じられます。

二階に上がる、階段の手すり・・・こってますね〜

庭には茶室があります。優雅な日本の庭。
見学ご希望の方は、0798-73-6677に予約を取って。
   
 11月10日
 (日)
楽しい趣味の
「発表会」
 古き良き昭和初期の建築物は、ココ阪神間には
多く存在します。
その一つに、個人邸、山本清邸が西宮結善町1−24に
あります。
現在(国登録有形文化財)として山本清記念財団になり、ココで今文化祭が開かれています

今日は、良い天気!夙川の 紅葉桜並木をぶらつきながら
おでかけするのも、お勧めです。

いろいろな展示物もあり、なにしろ この個人邸を
堪能するのが、一番。
陳列物のある部屋全て、住居です。すごいです。



ここが、寝室? 日本間や、応接室、などすべて
芸術品と言っても過言ではありません。
百聞は一見に如かず・・・お出かけください。
TEL 0798-73-6677
http://www.yama6677.jp
   
11月7日
 (木)
腰痛を治す
 歩け、歩け
 私の腰痛は、30年ほど前から、ことあるごとに起こる。
ハードスケジュールのあと、車ばかりの移動で、
ちょっと、ひねったとき、
重たいものをうっかり持ち上げたとき、などなど。
年を取るごとに、ギクっときた後の治りが遅くなって
一大決心をしたんです・・・・

朝、6時半。歩き出します。

近くの池を一回り。鳥たちにもご挨拶・・オ〜イ!

最寄りの駅前コンビニで、パンを買ったりして
まわって帰ってくると、約4000歩。夕方にも4000歩。
10月8日から今日で1ヶ月。腰痛改善もさることながら、
体重が1キロ、減りました。ワ〜イ・・ワ〜イ

これで、XLでなく、Lサイズで大丈夫?
さんぽ、散歩、何よりも歩くのが一番。
   
 10月31日
  (木)
首里城が
燃えている?
 なんと、なんと、目が覚めてTVを見たとたん
「えっ!首里城が燃えている?」
びっくり・・・・ニュース。

数年前のお正月、首里城の「朝拝御規式」を見に行った時
琉球王朝時代の、ゆったりした華やかな儀式、
めずらしい、お祭りの楽器に目を奪われていました。

建物全部・・・全焼? あ〜あ、なんということだ!
せっかく再現された首里城が・・・
世界遺産にまでなった首里城が・・・・

今年は、なんといろいろな物を失う年なんでしょうか?
   
 10月28日
 (月)
 3度の被害
 なんと皮肉な・・・年になりました。
関東地方ばかり3度の被害に襲われ、台風と言えば
九州四国、近畿、が通り道だったのに。
これも、あれも、地球温暖化の現象。来年が恐いです。

申し訳ないほど、おだやかな秋晴れの関西。

鳥たちは羽があってイイネぇ〜
被害地を避けて、飛んで来られて。

もうすぐ、きっと、関東にも、東北にも、秋晴れが・・・

キンモクセイの香りを嗅ぎながら・・・願っています。
   
 10月23日
 (水)
 秋晴れ
秋晴れ 「即位礼正殿の儀」の日の朝
阪神間はお祝いにふさわしい秋晴れの上々の朝でした。

さて、私たちは、小さな小さなコンサート。



でもないか・・・・ハラハラのコンサート。
でも、楽しい楽しいアンサンブルで、お祝い?
   
 10月15日
 (火)
台風の通り道は・・日本?
 地震国、台風の通り道、海に囲まれた島国日本
どこに住んでも、自然災害からは逃れられない日本。
年々巨大化する台風には、本当につらい私たちです。

でも、どうしても乗り越えなくてはいけない災害。
30カ所も川の決壊、氾濫に合われた方に、
かけるお見舞いの言葉も、みつかりません。

台風前夜の不気味な夕日。近畿の空です。
昨年、21号台風を思い出しています。
がんばってください・・なんて、軽々しく言えない。
自分がその場にいたら・・・と思うと、たまらないです。
でも、希望は捨てないで・・・としか。

心から、お見舞い申しあげます・・としか。
   
 10月11日
 (木)
 動物の目
人間の目は、日々、どこを見ているのか?
電車に乗ると、みんな下を向いてスマホ、スマホ、スマホ
動物君は?
ボク達は、何を見ているかって?






動物は、何を見ているのかな〜
ボク、誰だかわかる?
   
 10月5日
 (土)
自然のいとなみ
 国も世界も、右を向いても、左を向いても
人間社会は
権力者、大企業、○○の不正、不正、不正。
TVもネットも新聞も、もううんざり。でもでも
静かに、秋はやってきます。

一面のコスモス。
悩みのない、ネコたち・・・イイネイイネ。

コスモス畑の中で、何考えてんの?
うとうと・・・・眠いニャ〜


   
 10月1日
 (火)
 異人館?
神戸の異人館通りを久しぶりでぶらつく。
今や「異人館」という日本語、違和感ありですね〜

明治20年〜大正時代に神戸に住み着いた「異人」が
現在の、洋風建築保存地区の異人館通りになった。でも
今、観光客が、ほとんど「異人」に。
彼らにとって、どんな風に感じるのかな〜?

建造物も使ってこそ、意義あり。

これは、暖炉のあとかな? 今は、エアコン。

天井のライトも、今はLED。
今日は、旧ムーア邸で、コンサート。

当時の「異人」の優雅な暮らしが想像できる応接間。

この日は、フルートとギターで温かなホームコンサート。
午後のひとときを楽しみました。 
   
 9月25日
 (水)
  未来へ
 昨日の、16歳トゥーンベリさんの、
「・・お金と、永続的経済成長というおとぎばなし・・」
という、地球温暖化の、警告の言葉は
地球を汚してきた大人達の胸を、
グサリと突き刺しましたね。

この温暖化の危機は、多分みんなが感じている。
異常な気温の高さ、水没する島、動植物、魚の減少、
溶け出した氷山、猛台風、ハリケーン、山火事などなど。
識者、科学者の言うことに耳を傾けない大人たちに
一撃を加えられた、と感じたのはみんな一緒でしょう。

「・・私たちの未来を奪わないで・・・・」
その訴えは、本当にそうだ。
私たち大人が、10代の子供達の未来を、
汚す権利はないし、奪う権利もない。

今、一番、進めなければいけないのは
「地球温暖化対策」なんだから。
もう、経済成長ばかり追うのは止めようではないか・・・
と、若者達の運動に、拍手、拍手。

と、言ったところで、老いた私に何が出来るか?
家はオール電化だし、買い物はプラスティック容器ばかり
   
 9月23日
 (月)
 口布団?
 年齢と共に、むせる、咳き込む、回数が増えてきて
コンサートで、咳こんだらどうしようと、
思うこと、ありませんか?
今日、こんなの見つけちゃった。

「Pianissimo」ピアニシモという小さなクッション。
咳き込みそうなったら、これを口に押しつけて
コンコン咳き音を押さえる。
クラシックコンサートでは、pppになって、咳き込んだ時の必助品ですね。

音楽グッズ売り場、兵庫県立芸術文化センターのロビー
または、フェスティバルホール下の
「レオノーレ」などで売っています。
   
 9月18日
  (水)
今後の台風
 どこまで
凶暴になる?
 漸く、午後4時を過ぎると「少し歩いてこよう!」と
言う気になる季節になりました。
最近は便利・・・スマホでパチリ。でもでも・・・

見慣れた景色でも、度々襲う台風の凶暴な威力を思うと
来年は風速、60とか、70とか?
どうなるんだろう? この地球、この日本・・・・・と

愚痴っぽくなる私。
カジノなんかを建設する前に、
この凶暴な台風に絶えられる、備えある建築、建設に
お金使ってよ・・・と、また愚痴が出る。
「美しいニッポン・・・」と言ったのは誰だっけ?
   
 9月14日
  (土)
現代の恐怖は
 その昔は、恐いものの順位、地震 雷 火事 オヤジ?
と言われましたが、現代の恐いものは、
地震、台風、火事、停電・・・・です。

この大都会、全部、ぜ〜んぶ、電気で動いている。
電機で生活している。

かすんで見える、遠くの港のコンテナ、
キリンさんみたいな、クレーンも全て、電気。

東京直撃の台風15号、昨年は大阪直撃21号。
停電になったら、マンション住まいの私たち
トイレも使えない。エレベーターも、スマホも・・・
考えちゃいますよ・・・今の生活、もし、
電気がなかったら、生きられないと言うこと?

きっと、来年も来るよ・・・台風のヤツ!
地震も、どこかできっと・・・起きるよ!
   
 9月10日
 (火)
みんな元気!
日本人の長寿は、世界にも類を見ないそうですが・・・
元気なご老人の多いこと、びっくりです。
公民館活動はまるで、大学のような教養の高さ。

レオナルド・ダ・ビンチについての公演?
天安門事件を考える?
天草地方のキリシタンについて
声楽の魅力、オカリナ教室、コーラスグループなど
盛りだくさんの企画。
この、学ぶ意力が、長寿で元気な高齢者国の自慢かも。

先日は、「9月の教養講座」フルートを聞こう・・・
と言う企画に、100人のお客様。
昭和の歌、文部省唱歌?に、大きな声でみんな参加。
ほんとうに、元気な高齢者に、励まされます。
私も、がんばろう! 
   
 9月5日
  (木)
うんざり!
 また、また? 台風いくつできるの?
また来る気かぁ〜・・・影響は日本中ですね。
来た来た来た・・・雷が! 始めピカピカ・中ゴロゴロ

やがて・・・バリバリ・・・ザばぁ〜

まだまだ台風の卵発生でも、すでに各地の豪雨被害
やりきれません。

のんびり、写真なんて撮っていたら

雲に、取り込まれてしまった!
みなさまどうか、お気を付け下さい。
 9月2日
 (月)
  えっ?
どこの国?
 昨今・・・世界は本当に騒がしい。
正直・・・権力者に引っかき回されている・・と思う。
地球を潰す気か!・・・と問いたい・・・怒り心頭。

そんな中で、「ウズベキスタンに行って来ました」
と言う友達から、こんなお土産をもらいました。

手のひらにすっぽり入るほどの、小さなハサミ。
超、優れもの。デザインと言い、切れ味と言い。
ウズベキスタン?・・って、どこやねん?

地図を見る。
コウノトリがいるんでしょう。
お金、お金、経済、経済、これでもか、これでもか、
意地を張っている国をよそに・・・
この小さな切れ味の良い、コウノトリのハサミに、
何かホットする優しさを感じます。

専門店の説明が付いてる・・残念、この文字は読めない。
その国の素朴な、お土産。
 8月30日
 (金)
こだわりの
 パンやさん
 最近、こだわりのパン屋さんが増えました。
しかも、職人さんが超若くて、がんばっているなぁ!と
つい、買いたくなります。


お花屋さんと隣接しているのも、
ちょっと、オシャレ。

私が気に入っているのは、この店、食パンのみ。
ホットドッグや、サンドイッチ、スイーツ的なパンは
一切なく、イギリスパン、ひらたく言うと食パンのみ。
そのこだわりが、気に入っています。
「フロウリッシュ」0798-73-8711 おいしいですよ。
 8月27日
 (火)
またまた
 美術展
 夏も終わりに近づくと、いよいよ芸術の秋。
今日からはじまる、19世紀ウイーンの美術展です。

この優雅な時代、音楽界も、知らない人はいない
モーツアルト、シューベルト、ヨハン・シュトラウス
が、多いにウイーンをわかした時代。
後半は、シェーンベルクも登場。

ウイーンに行って、何よりもうれしいのは
モーツアルト時代と、現代のウイーンの町並みと
ほとんど変わらないことです。
(ヨーロッパ全ての良さでしょう)
なんだか、ルンルン、「魔笛」なんかを口づさんで
歩けるのが、うれしい街です。
「ウイーン・モダン展」ぜひぜひお勧めです。
 8月21日
 (水)
ボローニァ
絵本原画展
 西宮市大谷記念美術館で、恒例の
「ボローニャ絵本原画展」が
9月23日まで行なわれています。

この、ボローニャ絵本原画コンクールで、作家としての
一歩を踏み出す人が、多くいます。

今年は、62ヶ国、2901点の応募作の中から
27ヶ国、76点全てが展示されています。

この絵本原画展をみて、想像力、様々な画法や
何を語りかけてくるか・・・・???
ぜひお勧めです。
   
 8月16日
 (金)
もう〜絶対
来ないでね。
 5階の窓を、風と雨が殴りつけて来る・・一夜が開けた。
近所の川・・・どうなったかな?台風一過の朝。
弥次馬根性丸出しで、カメラを持って駆けていく。

山が低いこの辺では、川の水量も引くのは早い。
おっ!  この濁流の中に、一羽の貴公子。

流されちゃうよ〜・・・・・

体に似合わない、大きな熊手のような足。
なるほど・・・・これで、安定。

おおお・・・何か獲物が捕まえられたか?
喉が大きくふくれて、武者震い。

得意げに、立ち去って行きました。
                台風一過の朝でした。
   
 8月15日
  (木)
 またかぁ〜
 またまた・・・台風?10号?超大型?
昨年は21号にやられた・・・ってことは、
10号って?・・・まだまだ来る気かぁ・・・台風めぇ!

不気味な雲の隙間から、日が昇る朝。

年々、ハンパではない、大型化する自然災害。
昨日のニュース・・・ギリシャが燃えている映像。
自然発火?まさか、あの乾燥したアテネを思い出し
絶対ヘン。 

この地球、気温40度なんて、絶対ヘン。
これから、取り組まなければならないのは
「地球温暖化対策」ではないだろうか・・・と
不気味な空を見上げている・・私。
どうしようもないけど・・・
               終戦記念日の朝でした。
 8月11日
  (土)
花火はどこ?
 花火はどこ? 夏の夜空に開く打ち上げ花火。
20キロ、30キロ離れていても、
音は・・・華やかさが伝わってきて、どこだどこだ?
と、屋上に駆け上がると・・・

見えたぁ〜  淀川の花火大会です。
ここからは、30キロは離れていると思います。

最近のカメラ・・・スマホ、すごいですねぇ〜
撮れた、撮れた。


迫力はないけどね・・・人混みに出向くより
これで良しとしよう・・・・・
   
 8月7日
 (水)
  なぜか、ハワイアン
 8月に入ると、地域の小さな夏祭りでは、
「盆おどり」が始まるのが恒例。
浴衣を着た子供達の姿は、見ていても楽しいモノです。

暗くなっての「盆踊り」は最大イベント。
ところが
ここ数年、わが町では様変わりしています。

なぜか?ハワイアン。
あの、盆踊りのお囃子、笛も太鼓も、櫓もなし。
大都会を少し外れた、さりとて、田舎でもなく
小さな地域のお祭り、現代版はハワイアン。ガクッ!

夜店の中味は、いつもどうり、
タコ焼き、おでん、アイスキャンデー、ソフトクリーム
でも、スピーカーから流れる音楽は、ハワイアン。
日本の民謡はどこへ行ってしまったのかなぁ〜
   
8月3日
 (土)
 480円? 
 スーパーの魚屋さんの前で、
「うなぎひつまぶし480円」と・・大サービス480円?
あ〜ぁ・・・絶対買うよね。ウナギ!
今夜は、ウナギ、ウナギ・・・ビールでウナギ。

喜び勇んで、開けてびっくり・・・・!玉手箱。
よく、こんなに薄く切れるね・・・・
1mm程のウナギが8枚、並んでいる。
合わせても1cm未満?底上げのプラお重。
あ〜ぁ、ウナギもやがて、絶滅種に?
タレの味は、たしかにうなぎのタレ、美味しかったけど
・・・シュ〜ン・・・旬・・・
 7月31日
  (水)
 美人薄命
 美人薄命?・・・人間のことではないよ、
「月下美人」のこと。多肉植物サボテンの花。

夜しか咲かない白い花、神秘的です。
知っている人は、何度か育てたことがあるでしょうが
月下美人の花言葉は、危険な快楽とか、美人薄命とか
あるンだって。

とにかく、暗くならなくては咲かない花。夜10時頃。
今か今かと膨らんだつぼみとにらめっこ。
お酒の誘惑に負け
諦めて、寝てしまったら、もう、最後。
この妖艶な美女に会うことは出来ません。
この美女は、朝になると、惨めにしぼんでしまうんです。
美人薄命とは、この「月下美人」のことでしょう。
   
 7月26日
 (金)
旅の思い出
 その6
「壱岐」へ
 山が9割という対馬から、平地がほとんどの壱岐へ。
な〜るほど! 
朝鮮半島からやってきた2000年前の大陸民族が
この島に根を下ろしたのがよくわかります。

稲作で生活を営む民族には、好都合の広〜い平地。
見渡す限りの田畑・・・現在でも・・です。
この原の辻(ハルノツジ)からは、たくさんの遺跡が
発掘され、「一支国博物館」に当時を想像する
数々の陳列があります。これが面白い。

晴れていれば、壱岐からは、佐賀、長崎、が
見えるそうです。   
残念この日は曇天。台風が来る前に脱出。

邪馬台国、日本の文化は大陸から渡ってきた人々から
伝えられ、日本独自の文化を創り出していったということ
ふむ・・ふむ・・なるほど、なるほど・・と
うなずける旅でした。
「百聞は一見に如かず」ぜひ、一度行かれてみては?
お勧めの旅でした。
   
 7月25日
 (木)
 対馬の旅
 その5
 島というのは、その場にしか生息していない
動植物があるものです。
動物好きの私・・・まず「ツシマヤマネコ」に会いたい。

あ〜っ! いた〜・・・ちょっと、迫力ないなぁ〜
「・・・ボク、ノラだよ〜〜ん・・・」

絶滅寸前の対馬ヤマネコには、めったに会えないんだって
仕方がない、ポスターからパクリ・・・

保護区内でも、夜行性の彼らは、なかなか姿を出さない。
用心深いのです。ちょっと垂れ目のツシマヤマネコ。

オウゴンオニユリ。対馬が世界で唯一の発生地。
突然変異で、オニユリの花弁が黄色に変化したとか。
これは、何回か山で見かけました。
さて、弥生時代の壱岐へ、渡ります。フェリーで2時間。
   
 7月24日
 (水)
 対馬の旅
  その4
 鮎もどし自然公園にやってきました。
花崗岩でできた珍しいし清流。不思議な一枚岩。

雨が降り出して、この上を歩くのは、ちょっと恐い。

明治34年に作られたという、砲台跡、この地形を
利用した、不気味な遺跡。

板状の石を切り出して、屋根を葺いた高床式倉庫。
これも、対馬でしか見られないそうです。
これだけの石の重みがあれば、どんな強風にも絶えられる

90%山岳といっても、対馬に高い山はありません。
せいぜい、最高600メートル。
しかし、厳しい地形の対馬。冬の対馬海峡は激流。
なかなか、行きにくいだけに、行きたくなる島。
ぜひお勧めの場所です。
   
 7月23日
  (火)
 対馬の旅
  その3
 対馬全土を支配していた宗家は、12世紀ごろから
19代、宗義智、16世紀前半まで続いたという。
その城下町、現、厳原町に残された石垣をみると、
日本人の几帳面さ、知恵、
美観の鋭さに、ため息が出ます。

ところどころ、修復はされていますが、
ほとんど当時のまま。



ITもAIもない時代、人の手で、緻密に計算された
この積み上げ方・・・すご〜い! すご〜い!

この石は、どこから切り出されたのか?
噴火ではなく、隆起でできた対馬の島、地形の恵みと
いう想像が、次の日、山の中を歩くと解りました。
   
 7月22日
 (月)
 対馬の旅
 2日目
 博多から対馬まで約132キロ
対馬から韓国釜山まで約50キロ 
韓国の方がはるかに近い。だから、人口3万の対馬に
年間40万の韓国の人達が買い物、観光、レジャーに
入国するとか。町もハングル文字が欠かせません。

2千年余り昔、中国大陸から朝鮮半島へ、舟で対馬に渡り
壱岐から、九州唐津に上陸、中国朝鮮の文化が
日本に広まったというのも、うなずけます。

ここ、和多都美神社は、「海彦山彦」の神話で
知られています。満潮の時はこの鳥居も2mも沈むとか。

めずらしい3本鳥居の真ん中に、鱗状の石が・・・・
豊玉姫が産んだ「えべす」と言う子供なんだって・・・
海の神様「えびすさん」のはじまり?

このご神木、松の木の根っこが、地上に這っている。
なぜか?
それは、岩盤で出来上がった対馬の地形に関係します。

岩を抱き込むように、どの木も根っこがむき出し。
なるほど、原生林、対馬という島の厳しさが解ってきた。
   
 7月21日
 (日)
 リベンジ
 3度目の正直、今回こそ無事着陸できますように!
祈るような気持ちで、長崎県対馬に向かったのは16日。
なぜ3回目?かというと、1回目は船酔いで、
2回目は、風のため飛行機が着陸できず福岡に引き返す
という目に遭っているからなんです。

プロペラ機で、福岡空港出発。今回こそ頼むよ・・・
な〜るほど、上空から見た、納得のこの風景。

九州と韓国の間の対馬は平地がなく、島土の9割が山地。
山を削って作った滑走路は短く、気候によって
着陸が難しいというわけ。安全第一仕方がないです。

しかし、しかし、到着してみると、
原生林がそのまま残され、対馬にしか見ることの出来ない
動植物が生息しているのが魅力です。
   
 7月11日
 (木)
 極楽浄土?
 水辺の花・・その一つにハスがあります。

葉っぱの大きさ、花の豪華さ、まさに極楽浄土の花?
ここ、50年前の大阪万博の跡地に残された
日本庭園の蓮池です。

木は、植えておくモノですね〜 
こんな深い森、大自然が、今は市民の憩いの場です。
あっ!
トンボの憩いの場でもあるンだ〜 生息地かな?

 7月10日
 (水)
雨降るかな?
 あ〜疲れた! 一休み・・ヤレヤレ

羽をつくろって・・・と。

あっ! 友達がいる・・・・

ねぇ〜ねぇ〜 あそぼ、あそぼ・・・・

泳げないヤツなんて・・・ヤ〜だよ!

カモたちにふられた、サギでした。
   
 7月7日
 (日)
白夜の国から
 北欧を旅行中の友人から、送られてきた
パイプオルガンの写真。
ヘルシンキ大聖堂

大聖堂に響き渡る、音が聞こえてくるようです。
これは、どうなっているのかな?

岩の中の教会?

ストックホルムの王宮礼拝堂・・・だって。
ゴージャスですね〜

先日、フランス、ドイツ、等ヨーロッパの気温が
45度にもなったと言う報道がありましたね〜

北欧まで上がると、ダウンジャケットを着ているとか?
この地球の恐ろしい変動は
温暖化以外のなにものでもないと危惧する私たち。

しかし、神は無言。
しかたない・・・人間の欲の果てだ!
   
 7月4日
 (木)
災害、また
 地震国日本、国土の7割が山岳地帯の日本、
梅雨前線が来る度に、台風シーズンが来る度に、
そして、いつ来るか解らない地震に。

またまた、今年も・・・九州の大水災害。
人事とは思えないです。我家の窓からも山は迫っている。
漸く、今朝は、雲の切れ間が見えました。
年々ひどくなる被災地に、なんと言って良いのか・・・
お見舞いの言葉なんて、とても軽くは言えません。

遊園地のリスが、空を見上げて
「必ず陽はまた昇る」・・・と言っているような。
   
 7月1日
 (月)
ジャガイモ?
 友人が「今、掘ってきたから、あげる」といって
ジャガイモをくれました。
正直・・・ジャガイモ? (内心・・・げぇ〜)と。

スーパーで、ポリ袋に入ったジャガイモ
家にはしなびたジャガイモまだあるのに・・・
ジャガイモ〜・・・え〜っ・・・・って。

ところがです・・・・
朝、3分チーンして、ホイルに包んで
トースターで焼いて、
え〜? これがジャガイモ? びっくり!
この、おいしさはなんだ? ジャガイモちゃ〜ん!
ホクホク・・フワフワ・・

これが、ジャガイモだったんだぁ!
スーパーで売られているポリ袋のジャガイモ
あれは、いつ掘られたモノなのか?

新鮮に限るのはわかっているけど、
これほど味が違うとは、ショック!
突然、友人に朝早く、感動の電話をした私。
   
 6月27日
 (木)
 2つの嵐
 大阪、今日は2つの台風の渦の中です。
20日遅れの梅雨入り、ヤレヤレ・・と思ったら
いきなり、台風3号だという。市内は、G20嵐。

漸く、冴えてきたアジサイを愛でている場合じゃないぞ!
大阪市内の大規模規制を避けてきたのに・・・・

嵐の前の静けさは・・・いつまでも続かないよ。
キミも早く非難しなきゃ・・・・

キミも、のんびり壁に羽を広げている場合じゃないよ!
G20台風の行方は? 台風3号の行方は?
慌ただしい梅雨入りの、近畿で〜す。
   
 6月23日
 (日)
若者がんばれ
 土曜日の新聞から。こんな記事が!
G20がまもなく開かれる大阪で
「大学生ら約80名が、地球温暖化対策強化を求め・・・」

・・・大阪市内をデモ行進・・・・云々・・・と。
いいぞ・・いいぞ・・若者がんばれ!・・と拍手の私。

この際、めったにないG20に、声をあげたのは
近畿大学、京都大学の学生達だそうで、
心から・・でも、影ながら応援したい、老女の私です。
温室効果ガスの約8割を出しているのが、このG20の
国々なんだから・・・・若者の声、届きますように。
   
 6月21日
 (金)
新しい街の
新しい展覧会
 埋め立て地がどんどん広がって、
新興都市が、海へ海へと浸食していくのが
現代都市の特徴。小さな島国日本の宿命かもね。

今日は、モノレールで六甲アイランドへ。
人工的アイランドは、何もかもが人工的。
自然までが、いかにも美しすぎて人口的。
正面の山は、正真正銘自然の山、六甲山系です。

ファッションビルのファッション美術館へやってきました
ネコちゃん好きにはたまらない、ヒグチユウコ展

ファッション界の人なら知らない者はない
鳥丸軍雪展、
近くには、小磯良平記念美術館も有り。

広々としすぎな、六甲アイランドの良さは
なんたって、人が少ない・・・・ここに住んだら
もう東京へは行かれないと思うよ。大阪にも。
   
 6月17日
 (月)
 自己責任?
 老後の資金は自己責任 2000万?・・・貯めろ?
逆立ちしたって、そんなお金、どこから出るの?
・・・ちゅう、ことは、自分の健康、
できる限り自分で守らなきゃ・・
スポーツクラブも、健康器具にも、お金がかかる。
それじゃぁ自分の足使って
歩くに限るね・・・・ってわけで、毎日歩く、7000歩。

歩くと、いろいろ、新たな発見があるものです。
足下の雑草・・・雑草って言う名の草はないはず。

嫌われモノの、ヒメジョン。よく見ると可憐です。
生命力大盛だからって、雑草とは可愛そうに。

ハナカタバミだって、雑草なんて言えません。カワユイ。

やがて、風に乗って散っていく
ノボロギクの種? こんな芸術的な雑草ある?
お金なんていらないよ・・・とは、言わないけど
7000歩、歩こう!
 6月15日
  (土)
 なんの音?
 朝から、バリバリバリ・・・・ブルブルブル
頭上から、TVの音をかき消すほどの騒音。
何事かと思って、見上げる。



明らかに、何か事件? 新聞社のヘリです。3社?
(私も、ヒマだね〜カメラに収める時間があるんだから)

・・・地元の小さな記事。死亡者はなかったらしい。
 またまた69才女性の交通事故でした。ヤレヤレ。
   
  6月12日
 (水)
梅雨に咲く花
 梅雨前線が南下して、なかなか雨が降らない関西。
この季節、雨に栄えるアジサイと菖蒲。
可哀想に、ショボンとしています。

でも、ここ、大阪「城北菖蒲園」なんとか咲いています。
人のたゆまぬ、手入れのたまもの。

紫は、なんとも高貴な気品を感じる色。

菖蒲園は今日で終わり。

菖蒲には、非常に古式ゆかしい名前が付けられていて
覚えられません。
   
 6月8日
 (土)
「フェスティヴァル
 大阪国際フェスティバルは、4月から始っています。
 今日はR・シュトラウス「サロメ」演奏会形式。
指揮:シャルル・デュトワ 
サロメを歌うのは、世界的ソプラノの歌手
リカルダ・メルべートさん。

今日は私、阪急電車、地下鉄、足を使って出かけました。
足を使うのも悪くない。

淀屋橋から、フェスティバルホールまでの道
なかなか、綺麗なビル街大阪です。ゆっくり見ながら
(車やめられるかな?)

でもね・・・・
車でなく、歩いてきたのは、コンサートの帰りに
友人と会ったら
「飲みに行くかなぁ?」と思ったからで・・・・・
いまいち、(車、やめられるかな?)と・・考え中。
   
 6月6日
 (木)
またまた
高齢者事故?
 あ〜ぁまた・・高齢者運転の事故。
もう、決して責められない・・自分自身の年齢。そして
また、ついつい・・私も、また免許更新したところです。
もちろん、認知テストは満点・・問題なしだったけど

うん才?になったら、
止めなきゃ、止めなきゃ。と思いつつ
なぜ、なぜ、やめられない車の運転。
自分でも、運動神経鈍ったなぁ〜と思いつつ
止められないのは・・ヤバイよね〜

アッ! 今運転中!アジサイなんて見てたらアカン!
集中せんと・・あかん・・・アカン・・・と思いつつ
でも、買い物、暑いよね〜 重いよね〜
車止めたら、経済的には楽なんだよね〜

解っちゃいるけど・・・・ヤメラレナイ・・ちゅう
歌があったっけ・・・・古いなぁ〜
これで、年が解るね〜

今年で・・・絶対止める。
といっている間に、あの大事故になったとか。
   
 6月3日
 (月)
 今日の収穫
 今日の収穫 マンションの庭、趣味の園芸で、ラズベリーを収穫。
でも、でも、みんなで仲良く、分け分けしたら
今日の収穫・・・・・これ。

でも、かなりなっているんですよ。これ見て!

ただ、ラズベリー・・・レント・レントで
一つづつ、ゆっくり赤くなるんです。
次の楽しみ、ブルーベリー



みんなの口に、幾つ入るかなぁ〜
   
5月30日
  (金)
事件、事故、 
 このところ、めまぐるしく「騒ぎ」が持ち上がり
TVを見ても、新聞を読んでも、スマホを開いても
あ〜ぁ・・・・疲れますね〜
2019年そうそう、世間が大きく、揺らぎ出して疲れます。
気を取り直して散歩。

何にも、見なきゃいいじゃん・・・と思っても
テレビも、見ないわけにはいかないし。
新聞も、月額、3,830円分は読まなきゃ。

新緑もそろそろ終わり・・・緑の色が
濃くなってきました。
明るく見えるのは、夕日が当たっているためですよ。
   
 5月23日
  (木)
私の好きな
 大阪名所
 大阪の名所というと、とかく、
ガサガサ、ギラギラ、人混みの多いネオン街、
メッチャ・・・やかましいところをTVでも写すのですが、
私の好きな「大阪」は、古きよき時代の市役所のある
中之島です。(中味は知りません・・建築物)

図書館、中之島公会堂(現 大阪市中央公会堂)美術館
などなど。
水路ネットワークとまで言われる、網の目の水路。
土佐堀、道頓堀、○○堀などなど

公会堂も今は、いろいろ、催し物に力を入れています。
今日は、コンサートへ。
コンサート用建築ではないので
響きや残響には文句を言わず、音楽と建築物を楽しむ。

入口は、綺麗に改修され、見事です。

明治、大正、昭和、時代の大阪を、シックに楽しむ。
これもまた、お勧めです。
   
 5月21日
  (火)
あなたは
どっち派?
 最近、TV番組、雑誌、タウンページ、旅行案内、ネット
「食べログ」、なんといっても一番多いのは食べ物情報。
でも、でも、みんなそんなに外食派?
一方で、ホームパーティーもめっぽう盛んなのでは?

あなたは外食派? ホームパーティー派?
我家は、持ち寄りパーティー派・・・

誰かさんの・・・お誕生日。
母の日?・・・誰かさんの還暦?誰かさんの古希?
ようするに、なにかに付け、
ホームパーティー大好き人間、食べるの大好き人間
〜全員集合〜・・・ってわけ。

お料理番組も多いせいか、
料理上手な人が、なんと多いことか・・・・

ワイン派も多くなって、やりにくい、
うるさいワイン通も・・・・・
   
  5月16日
 (木)
我家の楽園
 前味噌・・・・ですが、我家のバラ園ご紹介。

大邸宅だなぁって?
・・・・ ではなく、マンションの庭です。

でも、庭の管理は自分達で。

要するに・・・定年になった住人が多くなり
趣味の園芸グループが出来たというわけです。

なかなか見事でしょう?

もうじき、アンズや、ブルーベリー?も収穫できるかな?
秋には、ゆず?橙?も・・・幾つ取れるかな・

老後の趣味、なかなか・・・・良いでしょう?
   
 5月12日
 (日)
 母の日
 母の日に、もう、すでにいなくなった母を思い出す。
そのためにも、「母の日」は大切な日。
ベランダに咲いたカーラーを切って、
白い花を飾りました。

そこまでは良かったのですが、あれっ?
数分たつと・・・この切り口がクルクル巻き?

なぜでしょう?  必死で「切らないで」と訴えてる?
それとも、水分を充分吸い込むため?
まか不思議な現象、発見。
   
 5月7日
 (火)
サツキ晴れ朝
 チョウ・・大型、10連休が終わって、
世間は、今日から令和初仕事なんだって・・・私?
365日 束縛なしの自由人間。令?じゃない高齢。

10日間、工場の排気ガスもなかったせいか、
遠くの海が近くに見えます。
空気が澄んでますね〜でも、明日からはまたガスって・・

橋も見えなくなるでしょう。・・・ガクっ!
便利、豊さがよいのか、この空気が良いのか?
テクノロジーと人間の未来
芥川賞「ニムロッド」読んで、考えてみます。
   
  5月2日
 (木)
確かに
平成に感謝
 4月30日〜5月1日は、ホントホント、日本中大騒ぎ。
たしかに、「ありがとうございました」
たしかに「おめでとうございます」の儀式でした。

でも、どこの局を回しても、それ以外の報道がなくて
ちょっと、不安さえ感じた私。
曇天のなかを、散歩に。

令和元年のこどもの日の準備に余念がない夙川です。

小雨の中を、散歩する人、けっこう沢山いて、
テレビに、見飽きた人、私だけじゃなかったんだ。

新緑の美しい、5月1日「令和」でした。
   
 4月29日
 (月)
最大10連休
 今年のゴールデンウィーク・・最大10連休。
報道によると、こんな時「空き巣狙いに注意」と言う。

先ず、留守電は使わない、郵便受けに郵便をためない、
SNSで、ラインで、むやみと旅に行くこと、
出かけることを言わないように・・・云々。

なにそれ!・・・と思いませんか?

オレオレ詐欺、「だまされない劇場」とかで、
固定電話は留守電にしておくように、声を確かめて、
携帯で息子に先ず、連絡するように等々、
高齢者は、日々注意をうながされているのに・・・です。

調査によると、国民の7割が、
家でブラブラ休むと答えたとか・・・・
わかる、わかる、
「コソドロ、空き巣狙い」には遭遇したくないですよね。
   
 4月27日
 (土)
気むずかしい
 ヤツ!
庭で、ブルーベリーの花が咲き出しました。
庭で、ブルーベリーの花が咲き出しました。
 
日本でも植物園などではよく見かけるようになりましたが
この花、なかなかあのポリフェノール豊富な
実はつけません。
なかなか気むずかしいヤツなんです。

可憐な顔して、すずらんみたいに、かわいいのに。
この沢山の花から、いくつ実になるか・・・
「がんばれよ〜今年こそ」

でも、原産は北アメリカというから、
北国がお気に入りのようで、口に入る実は、10個ほど。

乾燥にも弱く、湿気にも弱く、暑さにも弱く
「どない、せえ・・いうねん?」
まだ、愛情がたらんと、もんくゆうてまんねん。

気むずかしいのは、きっと
温暖な阪神間が気に入らないんでしょう。
   
 4月23日
 (火)
多すぎる事故
 五月病?とかいうから、新緑の頃、精神不安定になるの?

それにしても、事故が多すぎますねぇ〜高齢者運転。
決して人事ではない年齢になったにもかかわらず、
先日免許を更新したばかりの私。
どんなときに、何が起きるのか?

運転中じゃなくて良かった。藤に見とれていた私。
上ばかり見ていて、石に躓き、あやうく骨折しそうに。
くわばら、くわばら・・・・

でも、歩いていて事故っても、他人は巻き込まない。

アンズの花が終わり、一杯つけた小さな実を見ながら、
世代交代を実感する日々。
運転している仲間と会うと、「免許、どうする?」が
合い言葉になっています。
   
 4月21日
 (日)
平成の満月?
 「今夜は、平成最後の満月がみられそうです」と
TVニュース、お天気情報で・・・言います。
では、見なきゃね・・・撮らなきゃね・・と思っていたら
ワインの誘惑に負けて、うたた寝。夢の中。
あれ?もうこんな時間? 朝、4時過ぎ。西の空。

平成最後の満月は、写しそこなったわけ・・・で
よ〜し、少し欠けてても、今宵こそ! 

少しいびつだけど、・・・・・これで良しとしよう。
 4月18日
 (木)
美術品は貴重
 いろいろ、真相がわかってくると不幸中の幸い。
美術品、ピエタの像、その他も無事運び出されたと聞いて
パリのシンボル、ノートルダムの再建を、祈りました。
石造りの教会も、あの高い塔や屋根は木造だったと知って
日本の文化財が、ほぼ木材なので危機観も感じた次第。

急に、美術展を見に行きたくなって、
河鍋暁斉展を見てきました。
まず、びっくり。何でカエルなの? 県立美術館の屋根。

おびただしい作品を見て、そのわけが解りました。
ぜひお勧めの展覧会。屋根のカエルちゃん・・そうか・・

幕末から明治初期に活躍した、日本の画家、「暁齊」が、
こんなにユーモラスで、ブラックユーモアに感動します。
館内で迷子になったら、テラスに出て、位置を確かめる。

これ・・・兵庫県立美術館の特徴。
海が見えたら南。
六甲山が見えたら北
   
 4月16日
 (火)
まさかまさか
 今日、目が覚めた・・・第1声。。。
耳に飛び込んだニュース
「パリのノートルダム寺院が燃えている」?
ウソでしょう? そんなバカな・・・!

TVに目を向け、絶句。
あの、あの、あの、パリのゴティック建築、800年の
歴史が燃えていた・・・ほんとうに。

あんな石造りの教会が燃え落ちるとは思わなかった。
・・・なぜ?

何があったんだろう・・・
美しいバラのステンドグラスも、もう見られないんだ!

形のあるものはやがて、消えるんだ・・・本当に!
人事ではなく、悲しい朝だった。
   
 4月10日
 (水)
またまた
 平成最後?
 あ〜ぁ・・・ほんとにほんと、昨日が平成最後のお花見。
今日はもう、朝から雨。(昨日が見納めだったんだ)

大阪大川(旧淀川)アクアライナーでのお花見。

桜と川は、なんと美しい風景を
醸し出してくれるんでしょう。

都会の高層ビルとも、しっかりマッチ。
来年は令和の桜ですね
   
 4月8日
 (月)
平成最期?
 なんでも、かんでも、平成最後、平成最後と騒ぐ昨今、
・・・という私も、平成最後のお花見に。

夙川の土手

ボク・・・みんなの足しか、見えないんだけど・・・

もう・・・疲れたよ〜

おじいちゃんお背中、高い・・たかい! お花も見えるし
リュックサックの中、ちょっと暑いけどネ。
楽ちん・・・らくちん。
   
 4月5日
 (金)
花一杯の教会
 五島列島の教会の庭は、自然の花で一杯。







もちろん、土地があまっている?広い敷地、空気の良さ
都会とは条件が違うとはいえ
人口の少ない集落の人々の教会を守る心の表れでしょう。

私が、あと20年若かったら、
五島列島への移住も良かったかも・・・・なんて、
考えちゃったりして。もはや遅かりし・・・・
なぜかって? 今日は私のお誕生日。
   
 4月3日
 (水)
 新しい日
 4月1日新元号が発表になった日、サクラを見に。
まだ、肌寒く5分咲き。

「令和」という元号、五島列島から戻ったばかりの私には
ちょっと、ドキッ!
禁教令という字をさんざん説明で読んできたところだから
「令」? でも、
万葉集の「初春の令月・・・風和らぎ・・・」から
と聞いて、ホッとしたところ。

伊勢エビのお刺身

お刺身や鯛の昆布〆、アオサの酢のもの、

キビナゴの酢味噌タレ、

サザエの壺焼きなどなど
まるで、「令和」のお祝い事のようなお料理ですが
実は
いずれも五島列島で食べてきたお料理・・・写真集。
   
 3月28日
 (木)
260年の弾圧
 1873年、260年の禁教弾圧をとかれた五島列島の
キリシタンが晴れて、次々と、フランスからの神父により教会を求めます。建築はレンガ造りなります。
しかし、全て鉄川与助の建築設計。
青砂ケ浦天主堂

大曽教会・・・・などなど。沢山あります。

しかし、レンガ造りでも、ヨーロッパの教会とは
全く違う、外観です。中は、天井が高くロマネスク調でも
手法は、日本の気候にあった、材木を焼いたり、
曲げたりして使用した、鉄川与助ならではの、
細やかな作りになっています。
福江島の堂崎天主堂。 現在はキリシタン資料館。

五島列島は、福江島、久賀島、奈留島、若松島、中通島
の5つ。その中になんと、95の教会が有り、その中で
新五島(中通島)に29個が集まっているそうです。
山の多い、中通島が一番潜伏キリシタンにとっては
隠れやすかったのでしょう。
現在でも毎日ミサが行なわれて、4人に一人は信者という。

日本の歴史の旅。
機会があったら、ぜひお勧めの旅です。
なんと言っても、海の美しさ、
「海ってこんなに透明だったのか」と思いますよ。
   
 3月27日
  (水)
 上五島へ
佐世保港から、高速船で

上五島有川港に到着
 これはほんもの鯨賓館。だから鯨のモニュメントも立派。
かつて、捕鯨が食文化を支えていたという博物館です。

牛も豚も平気で食べるのに、鯨には抵抗があると言う人間
どうしてでしょう?
水族館のイルカショーを見慣れているから?
その仲間、鯨は何となく可哀想?・・なぜ?

頭ケ島天主堂に向かいます。ここは世界遺産に登録された
新五島、有川地区、頭ケ島大橋をわったったところ。

フランスからやってきた宣教師や、独学で、石積みを研究
仏教寺の建築師の長男として、30軒以上もの教会を
建てた鉄川与助の建築。97才まで仏教徒だったとか。
隠れキリシタンを支え続けたことになります。
宗教を越えた、「愛」の証でしょう。
   
 3月26日
 (火)
 旬教の島
 潜伏キリシタン旬教の島、中江の島集落を
雨の中で見るのは、なんともつらい。多くの信者が
処刑されたと言われる、今は無人の島が
遠くにかすんでいます。

今朝、なんと、この光り輝く朝日。

250年もの弾圧に耐えた、キリシタンたちも、
何度か、この光を見たんでしょうね、復活を信じて。

田平天主堂へやってきました。国の重要文化財指定。
長崎の世界遺産登録には、建造物と集落がセットに
なっていることが条件でした。

田平(たびら)は、明治初期、鉄川与助・・(宮大工)
の設計施工によって建てられたレンガづくり。
中は、ロマネスク様式。

お寺の建築士がどこでこの建築を学んだのか、
情報のない時代、苦労のあとが、
ソコココに感じられます。
   
  3月25日
 (月)
新たな注目
 「長崎」
 長崎には、演奏旅行で、オペラ「蝶々夫人」コンクールや
観光に、遊びに、食べ歩きに、と何度か来た事があります
・・・が・・・潜伏キリシタンの集落と教会が
世界遺産に登録されたことで、新たな注目の「長崎」へ
・・またやってきました。     でもでも、
平戸に着くと・・「長崎はきょうも雨だった」・・

誰です? こんな歌を作ったのは・・・やっぱり雨です。
(内山田洋とクールファイブ)


なぜ、鯨がわらっているのかって?
ここは、平戸市生月島(いきつきしま)「島の舘」。
かつての島の暮らしを伝える博物館、ということは
捕鯨でさかえたところでもあるわけです。今は捕鯨に
制限がありますから、鯨さん、ニコニコの鯨ひんかん。

最初にキリスト教を日本に伝えた
フランシスコ・ザビエル(1549)を記念する
平戸ザビエル記念教会は、なんと光明寺さんの屋根と
美しく調和してそびえています。今では
お寺と教会の見える風景として、静かな散歩道が有名に。


平戸城主松浦家は、西洋との貿易に熱心で、
港にはオランダ船の模型が君臨しています。
   
 3月22日
 (金)
 春分の日
 春分の日の昨日、東京では桜の開花報道が・・・
といっても、数えるほど。
桜の名所と言われるわが町、夙川はどうかな?
・・・・・まだまだ、冬景色。もう一寸、もう一寸です。

これはサクラではない、アプリコット(アンズ)
またの名を品種改良して「ニコニコット」というんだって

甘くて、食べるとニコニコとなるからニコニコットだって。
日本人らしい、命名ですね〜
今ニコニコしているのは

忙しそうなハチ君たち。「蜜・・・甘いの〜?」

「しっかり、受粉してね?」

実を食べるのは、私たち・・・一番ずるいね。
「ニコニコット」・・・・でした。
   
 3月20日
 (水)
ボリューム
 の差
 海外でレストランに入ると、美味しいそう!と思う前に
ボリュームで驚かされませんか?
昨日、お土産にクノールスープを頂いたんです。

朝、さ〜・・お鍋に移して、朝食、朝食・・・と
張り切って、Family Pack を開けました。

作り方を改めて読んで、びっくり。
1500ml の waterを注ぎ入れ、・・・火にかける?
1500? 150なら解るけど・・・

な〜るほど、日本とここが違う。量だ!
味はすこぶる美味しかった。でも、3日分出来た。
冷凍にしておこ〜と・・・・

即席ラーメンの一人前とは、日本サイズなんだね
   
 3月17日
  (日)
絶対必助品 即席ラーメン
  NHK、朝ドラ「まんぷく」を見るまで
今や世界中の人の必助品
インスタントラーメンが、あんに苦労して
開発された、なんて、しりませんでした。

これ、これ。懐かしいこの袋。
元祖、ニッシン即席ラーメン。

発砲スチロールの器にも、あれだけの知恵が
使われていると思うと、カップヌードル
食の大革命・・・どこの家でも、絶対
欠かせない、1品ですよね。
25年前の震災の時は、本当にお世話になった
即席ラーメンです。
水のないい時、ガスのない時も、はそのまま。

そうだったのか「まんぷく」ラーメンが・・・
   
 3月15日
  (金)
フェルメール展
 大阪市立美術館「フェルメール展」へ。

美術館前の階段は、
フェルメール・ブルー(宝石名)にちなんで
ブルーのヴィオラで飾られています。

17世紀ヨーロッパで活躍した画家たち
レンブラントの弟子などなどの絵画展です。
ヨハネス・フェルメールは6点。
写真のない時代に、光と影をリアルに描く技術。
感動します。ぜひお勧め。
ただし超満員を覚悟。

美術館の前にそびえるのは、あべのハルカス。
17世紀から、21世紀へ。
そうそう、先日見た版画展の中に、
1930年代の「千日前」がありました。

現在の千日前との差は?
   
 3月11日
  (月)
クリスマスローズ
 クリスマスローズと言いますが
クリスマス頃は、姿も形も土の中。
この、春先、今が満開。

しかし、この花、奥ゆかしい、遠慮っぽい
恥ずかしがり屋の花です。下を向いて・・・・

無理矢理、カメラを下に・・こんなに可愛い。

クリスマスに咲かせるのは、人口的に
日本人の無理強いかもです。今が見頃。
大谷記念美術館の、お庭・・・一面です。
版画展を見て、ぜひお勧めの日本庭園。
   
 3月6日
  (水)
あれから8年
 阪神間に住む私たちは、
あれから・・というと24年前の
阪神淡路大震災のこと。1月17日。
でも、今また思い出すのは8年前のこと。
あの真っ黒な、大津波の映像。3月11日。

今日の新聞に、明るいニュースが載っています。
23才の小井戸文哉さん、ピアニスト。
(同じ桐朋学園・・? 私、50数年先輩?)

あの大震災の津波にのみ込まれた釜石出身とか
’当時、すでに桐朋の学生だったのかな?)
とりあえず
「英国際ピアノコンペティション第1位」の
新聞の見出し。
ロイヤルフィルハーモニーとラヴェルの共演。
すごいですね〜 良かったですね〜
なによりも、故郷に、被災地に明るいニュースが
うれしい報告が出来ますね〜
「おめでとうございます!」
   
 3月3日
 〔日)
ひな祭りを?
 ひな祭りを祝う、孫もいない、同居人もいない
すでに・・・老いた?私たちも、
「かつては、かわいい女の子だったんだよね」
と、おひな祭りの祝い酒、飲むことに。
甘酒なんかじゃないよ、ワインだよ。

祝ってくれるのは、お雛さまではなく
ベランダのオキザリス。

「春だぁ!」「赤ワインでいこうねぇ」

いくつになっても、
うれしいひな祭り・・でした。
   
 2月25日
 (月)
 新酒の季節
 灘の酒・・・といえば、灘五郷
西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷と
酒蔵の宝庫ですが、わが町西宮も今が
新酒の蔵開き時期。

うれしい季節・・・・ウ〜イ。
西宮市は酒の街として、今、沢山の酒好きさん
で、聞き酒会大賑わいです。
だけど、試飲も1杯100円から・・・
ただでは飲めないんだぁ〜

でも、市内には白鹿、白鷹、日本盛、大関、
それから、それから・・・
酒蔵を廻っているうちに、
けっこう・・・ウ〜イってなるから、
気をつけて。
バスで酒蔵巡りが出来ますよ
   
  2月20日
 (水)
 New Cityとは?
 どんどん海を埋め立てて、新しい町並みが出来る日本。
国土が小さな日本故、仕方がないことでしょう・・・が
人口の島都市は、高層ビルの谷間で、私の車で行くと、カーナビも古いし
いつも、どうどう巡りをする。
もういや〜!となる私。

高速道路も、この複雑さ・・何階建ての道路だ?
道幅も同じ幅で広く、町並みも美しい・・・が、
特別特徴がないため、あっ!という間に行き過ぎる。
どうどう巡り・・・・もう、いや〜となる。

今日は、六甲ライナーで・・・(モノレール)です。
子供みたいに、一番前の座席にぶんどって
・・・わ〜い!

海も見えるし、人口の島都市に行くのは、
モノレールお勧めですよ。これが一番。

宇宙ステーションなんかじゃないよ、
変わったビルは「ファッション美術館」へのアプローチ。
右側のビル・・・イベント、コンベンションなど
行なわれる「ファッションマート」というが、

この広さ。この丸いビル、使いにくそうだね〜
ビルの中で迷子になるなんて、やはり私には無理。
もう少し、実用的なビル設計してほしいよ・・・・私の愚痴。

ファッションビルの前にこんなモニュメントが。
   
 2月18日
 (月)
春のお告げ
 春のお告げ あ〜ぁ・・・そろそろ春だぁ・・・と
感嘆の声をあげるのは、まず、雪の中から花開く
フクジュソウですよね。

雪のないわが町の植物園では、枯葉と木くずの中から

「春だよ〜」・・・・と。
でもね、足下にひっそり、でも華やかに咲く
フクジュソウは、見落としがち。
這いつくばって、目をこらしてみると

こんなに笑ってる。
梅はどうかな? と、みんな梅ばかり探すでしょ?

足下も、見てね。
   
 2月16日
 (土)
心が強くなる
 心が強くなる
世界中が、絶句した池江璃花子選手の「白血病」公表。
闘病決意の彼女のことば

・・私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、
自分に乗り越えられない壁はない・・必ず戻ってきます・

という、前向きな彼女らしい言葉に、励まされたのは
応援している、みんなの方だったのでは、と思います。

ドナー照会、1日270件・・・と言う報道にも
彼女がどんなに愛されているか、と同時に
沢山の人の優しさが、自分のことのように
うれしくなりました。

きっと「・・必ず戻ってきます・・」を信じます。
   
 2月14日
 (木)
異常は花も
 夏と冬の気温の差が極端になった昨今。
これはなんだ?

シクラメンには違いない・・・が?
葉っぱの数だけ花が付くと言われていたシクラメン。
葉っぱがない。ちなみに買って、1年超えた2年目。

どれかが葉っぱになるのかなぁと思いきや・・・
これは全て、つぼみではないか。

やっぱり、1年ごとに新しく、買え!と・・
お花屋さんといえども商売ということか?

しかし、必死で咲いた花を見たら、
がんばっているつぼみをみたら、むげに捨てられない私。
みっともない、可哀想なシクラメンを
テーブルに飾っています。
   
 2月11日
 (月)
あっと言う間
 温暖な我が阪神間も、今日は朝から雪。
これを、雪景色というのか・・・って?

確かに雪なんです・・・・ほらね?
しかし、真っ白に積もることはほとんどないのがわが町。

カメラ・・カメラ・・と、構えたとたんに
植え込みの葉っぱの雪は、みるみる雫に。

今まで、雪の結晶だったんだけど・・・
温暖地方の悲しさ・・・雪景色は憧れだけ。
豪雪地帯の方、大変ですよね・・すみません。
   
 2月6日
 (水)
え〜っ!
野生の象さん
 朝早く、ラインのチリンという音が何回も鳴りました。
だれだ・・? まだ夜明け前なのに・・・
と思ったら、なんと、なんと、
ボツワナのカサネという、聞いたこともない町から
ラインです。
早速地図を・・・きゃぁ〜南アフリカだぁ!

旅行中の友達からの写真。

なんて、のびのび、いきいき、野生の象さん。

象さんには、動物園でしか、お会いしたことがない私。
感激です。こんな楽園が、地球上にあるんだぁ〜
   
 1月31日
 (木)
キムチ作り3日目
さぁ・・・今日は、口に入れる日、食べる日。
切り口はこんな感じ

茎の間に、しっかり具材が入っている?いないなぁ〜
新マイはへたくそ。

とりあえず、キムチのできあがり〜
 
   
 1月30日
 (水)
キムチ作り
 2日目早朝
 朝、寝起きに、塩をした白菜を、ひっくり返し、
しばし置いて、水洗い塩抜き。ザルに上げる。

さて、さて、キムチの本命、タレを作ります。
材料は、大根の線きり、せり、万能葱、2pほどに切る。
玉葱、ショウガ、ニンニク、甘エビ、塩エビの瓶詰めは、
フードプロセッサーにかけ、どろどろに。



トウガラシ粉をまぶし、全ての具材をまぜ、

いよいよ、これを上手に白菜の根元に挟み込みます。
葉っぱで包み込むように、納めて、今日は
フリーザーバッグへ。空気を抜きながら密封。
丸一日、ねかせ、2日目終わり。
   
 1月29日
 〔火)
キムチ作り1日目
  朝、一番にスーパーに飛び込んで、白菜選び。
背の高い、要するに、葉っぱの部分の長い
大きな、シンが短い茎の長い白菜をゲットします。

そして大胆に、4つに切断? 白菜は巻いているので
洗うの必要なし。表面のみ。水はなるべく使わない。



塩をするのは、夜です。なぜかって?
あまり長く塩につけると、水分出でてしまうから。
(なるべく、塩は茎の部分に・・・大胆に)
やく、6時間後。一度、向きを変えるためひっくり返す。

キムチ作りの、重要ポイントのひとつ。
早起きをすること。漬けすぎないコツ。
   
 1月23日
 (水)
海のミルク
 今夜は、海のミルク「牡蠣」で酒盛り。
トレトレの生牡蠣・・・生で良し、焼いて良し、鍋で良し
最高!
お友達のおごり・・・えっ?・・・ホント?

牡蠣には白ワインが一番。

何か?物足りない?何かさびしい?
なにかな?と言えば、熟女二人の酒盛り・・でした。
   
 1月17日
 (木)
この寒風の中?
  この冬空の時期に、水族館?・・と思うでしょ?
水族館内は暖かなんです・・・水槽の中は? って?
魚に聞いて?



ボク?へっちゃらだよ・・・・

暑かろう・・寒かろう・・関係なし・・
クラゲはユラユラ・・・感覚もないのかも・・
脳みそもなさそうだもの・・・
 1月15日
 (火)
平成最後?
 何かというと、平成最後の成人式だの、
平成最後・・・平成最後・・・というけれど
この30年の世界の、日本の、地球の、変化は
めまぐるしい変わりようです。
ベルリンの壁が崩壊されたのも、(これは大きな動き)
資本主義の勝利のような、さわぎだった。
これもこの30年の間に起きた。

ベルリンのブランデンブルグ門を、正面から見て
感動した思い出がある。
・・・・と思ったら、なんと今は、人工頭脳時代という。
AI・・・AI・・・って、いったい、なんやねん?

そして、この30年の間に、天才児がゾクゾク出てくる。
スポーツの世界も、将棋や囲碁界も・・・・

もはや、AI時代に、「大器晩成」と言う言葉は
辞書から外すべき・・・・と思う私は、昭和の人間。
   
  1月12日
 (土)
何回すんねん
  新年会
いつの間にか、もう12日・・・・
あっと言う間に、過ぎてゆく正月なのに、
新年会、新年会、新年会・・・何回したら気が済むねん?

たしかに、この空を見たら、今晩も「新年会」だね。



人間、やはり何よりも、食べること飲むこと、
楽しいですよね〜 ・・・・しかし・・後が恐い 
   
 1月5日
 (土)
欲望の世紀?
 スモッグがないと、こんなに美しい都会。

人間の果てしない「欲望」が、この資本主義を生み
共産主義が負け、崩壊した・・・が
やげて、資本主義も限界が来るのではないかという、
深刻な番組が
NHKBSで、新年早々、放映されました。
たしかに、どんどん埋め立てが進んで、小さくなる海。

戻るに戻れない、人間の「欲望」は、どこまで
破壊を招くのか・・・考えさせられる番組でした。

・・・という私も、しっかりネット依存。
   
   2019年  1月1日  (火)

あけまして・・・おめでとうございます!


   
 12月26日 2018
 (水)
華やかな影で
  ハデハデ、ガヤガヤなクリスマスが漸く終わって・・・・
平成最後の天皇誕生日会見、「国民に感謝、皇后に感謝」
の、おことばに、昭和生まれの私は、思わず涙が・・・

本当に、戦争がなかった日本の平成30年、感慨深い。
一人で朝の散歩に出た。

仲むつまじい、バンの夫婦? 「こっちみてぇ〜」
私・・報道陣じゃないけど・・・ちゃんと、ポーズ。

なぜ、戦争するのか?したいのか?世界を牛耳りたいのか
女の私には解らない。正直な話・・・なぜ?なぜ?


種が落ちたその場所で、毎年、こんなに美しく
花を、華を、咲かせてくれる、しかもこの寒さの中で。
「ありがとうね・・サザンカさ〜ん」
   
←クリック

information

New Relax Concert

これからは、見て!読んで!聞いて!楽しい音楽情報などお楽しみください